80's ROMANCE in TOKYO 2015 SETLIST

SETLIST 15' 8/9 (SUN) @ NO STYLE

DJ's are...

Amabile

REU

TAK-C

Conta

KABE

SAKUMA

KABE 1st

1. The Light Pours Out Of Me / Magazine ('80)
2. Farewell Mr. Sorrow / All About Eve ('91)
3. Your Love Is King / Sade ('84)
4. (Flying On The) Wings Of Love (U.S. Mix) / Level 42 ('80)
5. Fairytale Of New York / The Pogues Feat. Kirsty MacColl ('87)
6. 101 Eastbound / Nathan East ('14)

Conta 1st

1. Imperial Violets / Anthony Adverse ('87)
2. Cubans In The Bluefields / East Village ('88)
3. A Room Lives In Lucy / And Also The Trees ('85)
4. I Can't Wait / Nu Shooz ('86)
5. Torn Open / Sophie And Peter Johnston ('87)
6. In The Rain / The June Brides ('85)

REU 1st

1. Wonderful Life / Black ('87)
2. Make A Play For Her Now / Bangles ('89)
3. Walking In L.A. / Missing Persons ('82)
4. Another One Bites The Dust / Queen ('80)
5. Wearham Boat Club / Rebecca ('83)

TAK-C 1st

1. Breath / The Prodigy ('97)
2. The Beautiful People / Marilyn Manson ('96)
3. Absolutely Immune / Act ('88)
4. Dance Hall Days / Wang Chung ('83)
5. Well, Well, Well / The Woodentops ('86)
6. Nirvana / The Icicle Works ('82)

Amabile 1st

1. S.P.Q.R. / This Heat ('81)
2. I'm Alright With You / The Pastels ('84)
3. Trampolene / Julian Cope ('87)
4. Who's That Girl (7" Version) / A Flock Of Seagulls ('85)
5. 金曜日のライオン (Take it to the lucky) / TM NETWORK ('84)
6. White Lines (Don't Don't Do It) (Freestyle Remix 7" Edit) / Grandmaster & Melle Mel ('89)
7. Goodbye Is Forever (Single Mix) / Arcadia ('85)
8. You Are In My System / Robert Palmer ('83)
9. Tenderness / General Public ('84)
10. Tell That Girl To Shut Up / Transvision Vamp ('88)
11. Something About You / The Shamen ('87)

1. 元Quiet Sunのドラマーで、短期間ながらGongにも参加していたCharles Haywardが中心となって76年に結成された3人組。この曲は、ポスト・パンクの名盤として名高い79年の1stアルバム"This Heat"を経てリリースされた、2ndアルバム"Diceit (偽り)"に収録されているヴォーカル・ナンバー。パワフルなリズムとポジティヴなエナジーの放出は凄まじく、圧倒的なテンションで全身を震撼させる。
2. Creationからリリースされた通算5枚目のシングルで、デビューから5年目にしてGlassからリリースされた1stアルバム"Up For A Bit With The Pastels"にも収録。This Heatからは少々強引なつなぎかもしれないけど、パステルズのシングル群のなかではノイジーでニュー・ウェイヴ感も強いナンバーということで、それほど違和感なかったような?
3. 全英11位とソロとして最大のヒット作となった3rdアルバム"Saint Julian"からの第2弾シングル。スピード感溢れるバブルガミーなサイケデリック・ガレージ・ポップ。
4. Hambi & The Danceの前身バンドにあたるTontrixのベーシストだったMike Scoreと、Ali Scoreのスコア兄弟を中心に、79年リヴァプールで結成された4人組。この曲は翌86年にリリースされた4thアルバム"Dream Come True"からの先行シングル。サンプラーのフェアライトCMIを導入するなどサウンド・メイキングが大きく向上。初期シーガルズを彷彿させるスピーディーでダンサブルなナンバー。
5. 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登による3人組の1stシングル。4分半くらいある曲なので3分ほどの自作エディットを使用。当時は洋楽リスナーの興味を引くもヒットには至らなかったが、今改めて聴いてみるとDuran Duran風のニューロマ歌謡で決して悪くはない。というか良い。
6. Liquid Liquidの"Cavern"のベースラインをサンプリングし、全英7位のヒットを記録したヒップ・ホップ・クラシック。Arthur Bakerのプロデュースで翌年リリースされたアルバム"Grandmaster Melle Mel And The Furious Five"に収録され、その後もリミックスが多発されることになるが、80's ROMANCE的には95年のDuran Duranによるカヴァーが有名だろうか。ラップ中心の前半からサビでは分厚いコーラス・ワークとファンキーなホーン・セクションで盛り上がりまくるパーティー・チューン。
7. Duran Duranのニック、サイモン、ロジャーによるプロジェクト唯一のアルバム"So Rose Is Red (情熱の赤い薔薇)"からの第2弾シングル。アルバムとは別アレンジのシングル・ヴァージョン。
8. 7枚目のアルバム"Pride"に収録のシングルでThe Systemのカヴァー。この後、Power Stationのヴォーカルとして一般的にも知られるようになり、"Addicted To Love (恋におぼれて)"の全米No.1ヒットを飛ばす。
9. 83年に解散したスカ・バンドThe Beatの2人を中心に、元SpecialsとDexys Midnight Runnersのメンバーで結成。当初はClashのMick Jonesもメンバーに加わる予定だったが、1stアルバム"All The Rage"にギターで参加するに止まっている。I.R.S.からリリースされ全米27位と最大のヒットになったこのデビュー・シングルは、打ち込みのクラップ音を取り入れたモータウン調ダンス・ビートで軽やかに駆け抜ける極上のポップ・ソウル。
10. 紅一点ヴォーカリストWendy James擁する4人組。87年に1stシングル"Revolution Baby"でデビューを果たし、これが2ndシングルでHolly And The Italiansのカヴァー。この後、3rdシングル"I Want Your Love"で全英5位とブレイクする。露出の多いセクシーなファッションに身を包んだウェンディのコケティッシュでパワフルなヴォーカル、ハード・エッジに唸りをあげる豪快なギターをベースに、SF感覚のシンセを加えたグラマラスでパンキッシュなナンバー。当時はTracy Tracy擁するPrimitivesとライバル関係にあった。
11. 幻想的な雰囲気を醸し出すジャケットのアートワークも含め、60年代のサイケデリック・ミュージックからインスパイアされた初期シェイメン・サウンドの集大成といえる1stアルバム"Drop"に収録の3rdシングル。彼らは後にアシッド・ハウスの要素を全面的に取り入れることになるのだが、この時点でもすでにアシッドの幻覚作用をロック・フィールドでカラフルに表現していた。そして本作で聴かれる極上のメロディは、エレクトロニクスやサンプリングを多用するようになる次作以降の作品にもしっかりと引き継がれていく。

SAKUMA 1st

1. ボリスヴィアンの憤り / 和田哲郎 with 町田町蔵 ('81)
2. Heaven / P-Model ('82)
3. Hanging On / Manic Street Preachers ('96)
4. African and White (Acoustically Yours Live) / China Crisis ('95)
5. Once Bitten, Twice Shy / Gangway ('88)
6. A Girl I Used to Know (Single Version) / Danny Wilson ('87)
7. Let's Get Lost / Ride ('94)
8. Fa Ce-La / The Feelies ('80)
9. Waiting For Love/ Pete Shelley ('86)

KABE 2nd

1. It Began In Afrika (Radio Edit) / The Chemical Brothers ('01)
2. Party Fears Two / Associates ('82)
3. Sit Down (Apollo Four Forty Remix) / James ('98)
4. Imperial / Primal Scream ('87)
5. Birdhouse In Your Soul / They Might Be Giants ('90)
6. Choice / The Blow Monkeys ('89)
7. Let Me Go / Heaven 17 ('82)

Conta 2nd

1. C'est La Vie / Robbie Nevil ('86)
2. I Want To Be Your Property / Blue Mercedes ('88)
3. Bitter Heart / Seona Dancing ('83)
4. The First Picture Of You / The Lotus Eaters ('83)
5. Planet / Sugarcubes ('89)
6. Hollow Heart / The Weather Prophets ('88)
7. Simply Thrilled Honey / Orange Juice ('80)
8. You Supply The Roses / Memphis ('85)

REU 2nd

1. Red Skies / The Fixx ('82)
2. Piss Off / FFS ('15)
3. Christine / The House Of Love ('87)
4. Round And Round / Spandau Ballet ('84)
5. Today / Talk Talk ('82)
6. Smells Like Teen Spirit / Man With A Mission ('11)
7. Time Will Crawl / David Bowie ('87)

TAK-C 2nd

1. Love Plus One / Haircut 100 ('82)
2. Head Over Heels (Remix 7inch Version) / Tears For Fears ('85)
3. Devi Inside / INXS ('88)
4. Bad Boys / Wham! ('83)
5. The Loco-Motion (7" Mix) / Kylie Minogue ('88)
6. Like A Virgin / Madonna ('85)
7. つけまつける / きゃりーぱみゅぱみゅ ('12)
8. 誰だ! (Radio Edit) / 電気グルーヴ ('92)

Amabile 2nd

1. Neon Lights (Single Edit) / Kraftwerk ('78)
2. Running / Information Society ('88)
3. Change Your Mind (Single Version) / Sharpe And Newman ('85)
4. Quite Unusual / Front 242 ('86)
5. All Day (Edit) / Ministry ('84)
6. You Are The One (Remix) / a-ha ('88)
7. 2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-/ 郷ひろみ ('84)
8. You Can Still Rock In America / Night Ranger ('83)
9. Shakes / Hanoi Rocks ('84)

1. メンバー全員で統一した見事なテクノ・カットも日本で大流行した7枚目のアルバム"The Man-Machine (人間解体)"からのシングル・カット。ミディアム・テンポで浮遊感のあるこの曲は、無駄を極限までそぎ落とした音だからこそ、その電子的な響きがより美しくロマンチックに煌めく。カヴァーされることも多く、有名なところではOMD、Simple Minds、U2などがカヴァーを披露している。
2. オリジナルは85年にリリースされたミニ・アルバム"Creatures Of Influence"に収録。この日プレイしたのは、翌86年にリミックスでシングル・カットされたされたVocal Remixで、1stアルバム"Information Society"に収録のものと同一のヴァージョン。エレクトロ/フリースタイル色の強いシンセポップ。
3. ShakatakのキーボーディストBill SharpeとGary Numanが組んだサイド・プロジェクト。ビルのソロ・デビュー作"Famous People"からの1stシングルで、全英17位のヒット。シャカタクのようなフュージョン色は皆無で、重厚な反復ビートと粘っこいヴォーカル、女性コーラスを配した硬質でダンサブルなエレ・ポップは絶頂期のゲイリーも彷彿させる名曲だ。89年にリリースされたSharpe + Numan名義のアルバム"Automatic"にも収録。
4. 87年の3rdアルバム"Official Version"からの先行シングルで、12インチは"Interception"というタイトルでリリース。彼らが本格的にEBM化を遂げたといえる硬質なダンス・ナンバー。
5. 1stアルバム"With Sympathy"を経てのシングル。以降"The Nature Of Love"、"(Everyday Is) Halloween"と、立て続けに12インチをリリースしていくのだが、"With Sympathy"から順を追って聴いていけば、彼らのサウンドがエレポップから徐々にエレクトロニック・ボディ・ミュージック(EBM)へと変化していく過程がよくわかるだろう。この後、Adrian Sherwoodのプロデュースでリリースされたのが、名盤の誉れ高い2ndアルバム"Twitch"で、EBMへと進化したこの曲のリミックスも聴ける。
6. デビューから3作連続で全英2位を記録した3rdアルバム"Stay On These Roads"からのシングル・カット。日本ではマンダム「ギャッツビー」のCMソングに起用されていたので、聴き覚えのある人も多いかも?これはアルバムとは別ヴァージョンで、AssociatesやMarc Almondらも手がけたJustin Straussによる最高リミックス。
7. サマソニ出演ということで、ロマンス初プレイとなったHIROMI GO。80年代のシングル曲でかけるならコレしかないでしょう。エッジの効いたギターとキラキラのシンセでノリノリに駆け抜けるバースト歌謡。そしてエキゾチック・ジャパンからロック・イン・アメリカへ。
8. 結成当初はStereoと名乗っていたアメリカのハードロック・バンド。82年にRangerとしてデビューするが間もなくNight Rangerと改名。こののシングルはリアル・タイムのディスコでもプレイされたハードロックの1つで、全米15位まで上昇した2ndアルバム"Midnight Madness"に収録。間奏で炸裂する8フィンガー奏法はエア・ギターでも追いつかないほど速い。ツイン・ギターと爽快なメロディーで燃え上がる文字通りのロック・イン・アメリカ。
9. "Self Destruction Blues"を含めると、通算5枚目のアルバムとなる解散前のラスト作"Two Steps From The Move"からの第2弾シングル"Underwater World"のB面に収録。アルバムに収録されなかったのが不思議なほどカッコいいダンス・ロック・チューンで、ロンドンナイトでもよくプレイされていた。ちなみに"Underwater World"のサビには、"Welcome to the ocean. Welcome to the sea. Welcome to the jungle."という歌詞が出てくるが、長年ハノイの大ファンだったGuns N' RosesのAxl Roseは、この曲にインスパイアされあの"Welcome To The Jungle"を書いたらしい。

SAKUMA 2nd

1. Oh! Patti / Scritti Politti ('88)
2. Buffaro Stance / Neneh Cherry ('89)
3. Buffaro Gals II (Remix) / Malcolm McLaren Presents The World Famous Supreme Team Show ('83/'90)
4. No Time To Stop Believing In Love / Daisy Chain ('84)
5. Sometimes I Feel So Low / Japan ('78)
6. A Promise / Echo & The Bunnymen ('81)
7. Holidays In The Sun / Sex Pistols ('77)
8. Love At First Sight / XTC ('80)

KABE 3rd

1. With Or Without You / U2 ('87)
2. Upside Down / The Jesus & Mary Chain ('84)
3. Don't You (Forget About Me) / Simple Minds ('85)
4. Promises / Buzzcocks ('78)
5. Telegraph / OMD ('83)
6. Clean Clean / Bruce Woolley & The Camera Club ('79)
7. Easy Lover / Phillip Bailey & Phil Collins ('84)
8. Rock Me Amadeus (The American Edit) / Falco ('86)
9. Comment Te Dire Adieu / Jimmy Somerville ('89)

Conta 3rd

1. Really Stupid / The Primitives ('86)
2. The Strange Boutique / The Monochrome Set ('80)
3. Oblivious / Aztec Camera ('83)
4. Jennifer She Said / Lloyd Cole & The Commotions ('87)
5. Speak Like A Child / The Style Council ('83)
6. Psychic Magic / G.I. Orange ('85)
7. More Than Physical / Bananarama ('86)
8. Who Needs Love Like That / Erasure ('85)
9. Passing Strangers / Ultravox ('80)
10. A Means To An End / Joy Division ('80)

REU 3rd

1. The Metro / Berlin ('82)
2. Sunday Girl / Blondie ('80)
3. The Call Up / The Clash ('80)
4. Guns Of Navarone / The Specials ('80)
5. Kick In The Eye / Bauhaus ('82)
6. That's The Way (I Like It) / Dead Or Alive ('85)
7. Like To Get To Know You Well / Howard Jones ('84)
8. Synchronicity I / The Police ('83)
9. In The Year 2525 / Visage ('80)

TAK-C 3rd

1. Together In Electric Dreams / Philip Oakey & Giorgio Moroder ('85)
2. Video / Jeff Lynne ('84) 3:23
3. La Femme Chinoise (UK 7" Version) / YMO ('78)
4. Shout / DEVO ('84)
5. Verschwende Deine Jugend / DAF ('81)
6. Lightning Man / Nitzer Ebb ('90)
7. There Must Be An Angel / Eurythmics ('85)
8. You Take Me Up / Thompson Twins ('84)

Amabile 3rd

1. Eyes Without A Face / Billy Idol ('83)
2. The Killing Jar (7" Remix) / Siouxsie & The Banshees ('88)
3. Remembrance Day (The PWL Remix) / B-Movie ('88)
4. The Fan And The Bellows / The Chameleons ('82)
5. A Forest / The Cure ('80)
6. Mystery Boy / Culture Club ('82)
7. Turn Your Back On Me (7" Version) / Kajagoogoo ('84)
8. Situation (Japanese 7" Version) / Yazoo ('82)

1. 全英2位、全米6位の大ヒットとなった2ndアルバム"Rebel Yell (反逆のアイドル)"からの第2弾シングルは、全米4位まで上ったロッカバラード。あまりフロア向きの曲じゃないから今までプレイされてなかったけど、名曲には違いないので今回ついに東京ロマンスで初プレイ。
2. ギタリストが元SpecimenのJon Kleinに交替しての9thアルバム"Peepshow"からの第2弾シングル。ヒップ・ホップの要素を導入したエレクトロ色の強い先行シングル"Peek-A-Boo"には驚かされたが、この曲は従来のダーク路線を踏襲しつつポップに弾けた佳曲。アルバムはバンド自身が最高傑作と自負するほど完成度の高い作品だったが、チャートでは全英20位と不調に終わっている。
3. "Nowhere Girl"と並び評される3rdシングル。「ロンドン・ビート・クラブ/サウンド・オブ・ヤング・ロンドン」というコンピレーションで、彼らが初めて日本で紹介される際、「メモライズ」という日本独自の邦題が付けられていた。この88年リミックスを手がけたのはPWLのPhil HardingとIan Curnow。
4. 正式なシングルではないが、86年にプロモ・オンリーの12インチでリリースされている。この曲は当時プロモ用のカセットでしか聴けなかった幻の楽曲で、間違いなく彼らのベスト・マテリアルであり、ネオ・サイケデリックというジャンルの中でも屈指の大名曲だろう。 激しくかき鳴らされるギターとパワフルなリズム・セクション、サビに向かってどこまでも高く昇っていくメロディ、それらが一体となってドラマチックに疾走するサウンドには、ネオ・サイケの持つ魅力の全てが凝縮されている。
5. 前作を上回る全英20位を記録した2ndアルバム"Seventeen Seconds"からのカットで、シングルとして全英31位に初めてチャートイン。アルバムでもメイン・トラックといえるハイライト的ナンバーで、ライヴでは必ず後半のクライマックスで演奏される大名曲。この曲の持つミニマルなサイケデリック感は、後のテクノ/トランスにも通じるものがある。
6. サントリーのホット・ウイスキーのキャンペーン・ソング用に新たにレコーディングし、日本でのみシングルとしてリリースされたナンバー。後に1stアルバム"Kissing To Be Clever"の日本盤に追加されたけど、CDでは2ndアルバムのリマスター盤ボーナス・トラックとして収録されたりもしているから少々ややこしい。サウンド的にも1stからよりカラフルでポップな2ndへ向かう過渡期だったことが窺える。
7. 2ndアルバム"Islands"からの第3弾シングル。このアルバムからニックがギターとベース両方の音域を出せる楽器チャップマン・スティックを使い始め、その独特の音色のサウンドを高い演奏能力を持って聴かせてくれた。ファンキーでダンサブルな楽曲の出来も前作と比べて遜色なく、どうしてそれほどヒットしなかったのか不思議なくらい。
8. 元々は1stシングル"Only You"のB面で、アメリカや日本ではシングルA面としてリリースされているナンバー。90年には"Situation '90"としてハウス・ミックスもリリースされ、7インチ、12インチ、CDシングルで全て収録ミックスが違うというファン泣かせの内容だった。ケヴォーキアンによる新たなリミックスのほか、DMやイレイジャーも手がけているMark Saundersや元Killing JokeのYouthなど、当時のハウス・シーンで売れっ子のリミキサーが起用されていたが、そのうちDeadline MixとDaniel Miller/Mark Saunders 12" Mixは、99年リリースの"Situation: Remixes"にClub 69らの新しいリミックスと合わせ収録されることになる。このようにヤズーで最も多くのリミックスが存在する楽曲が"Situation"で、いかにハウスのプロト・タイプ的なサウンドだったのか、ということがよく理解できるだろう。

SAKUMA
Never Let Me Down Again (101 Live) / Depeche Mode ('88)

KABE
Everything's Gone Green (7inch Version)/ New Order ('81)

Conta
The Boy With The Thorn In His Side / The Smiths ('85)

REU
Careless Memories / Duran Duran ('81)

TAK-C
Domino Dancing / Pet Shop Boys ('88)

Amabile
Say Hello, Wave Goodbye / Soft Cell ('81)

ENDING
80's Romance / The Belle Stars ('84)

80's ROMANCE